「猫背やなぁ」から「姿勢が良いね」へ

【パーソナルトレーニング: 2016年5月から】


猫背というか「丸背」、そんなところから「スッキリ背」へ。出来たことをガッツポーズでいつも大喜びされるUさんにお話を伺いました。

長年「猫背」と言われ続けていたけども

ようやく自覚した「猫背」

ずっと友達とかに「猫背やなぁ」と背中叩かれたりしてたんですけど、自分ではそこまで猫背かな?と思ってた。でも通勤電車で椅子に座った時に背もたれに背中だけが当たる、それだけ背中が丸くなってるんだって、自分で猫背かなと気にしだした頃。商店街の整骨院の前に「あなたは猫背です」と書いてあって、その横の背骨が曲がってる猫背の図を見て、「あ、私、これやん!」って思って。ちょうど坐骨神経痛になって整骨院にも通いながら、カラダも動かさなきゃと思ってた。

古武術って何かな?から体験へ

会社辞めてすぐだったんで、運動不足になるやろうし、家でずっと引きこもってるのもなんだし、カラダ動かさないとダメやなと思ってた。スポーツジムに行くっていうのも大げさだし、ヨガでも行こうかなと探してました。でも家の近所ってヨガがあまりにもいっぱいありすぎて、ちょっとフーンと思って考えてた時に、ここのチラシを見ました。猫背矯正のことがここにも書いてあったし。古武道を使ってって書いてたんで、どんなんなんだろう?どういうのをするのかな?と思って体験してみようかなと思って。


「姿勢がいいね」と言われるように

今では「姿勢がいいね」と言ってもらえる

でも今は「Uさん、姿勢が良いね」ってよく言われます。会社の人に。今の会社の人って、前の私を知らないんです、今の会社に行きだしたんは半年前の9月からなんで。そんなに猫背だったように見えないらしいです。

歩き姿を意識できるようになった

私ここに通って、自分の姿勢を意識できるようになって、歩いている時は自分が今どういう風に歩いてるかすごく意識して歩くようになりました。歩いている時はすごく姿勢が楽です。まっすぐしてると元々丸くなってた背中のとこらへんが楽。お肉もスッキリしましたし。仕事でパソコンに集中したりで座ってる時間が長いと背中凝りますけど、立ち上がって歩いたら楽になる。


できないことができるようになる喜びがある

個人レッスンは気恥ずかしいなと思ってた

はじめは私、一対一の個人レッスンは嫌だったんですよ。初対面なんですごい気恥ずかしいとかありますやんか。最初は参加できるグループレッスンがなくて、しゃぁなしに個人にしたんです。でもそれが良かった。そんなに激しい運動でもないからカラダがしんどくないし、先生がペース合わしてくれて細かく指導してくれるのもあるし、時間的にもちょうど良いくらいの長さですね、週一回のリズムも良いし。楽しくて優しい先生で良かった。

できないことができると飛び上がるくらい嬉しい

鏡とか見てて、型が決まってくる、へっぴり腰じゃなくなってきたり、自分自身で見てて「あ、綺麗にできてるな」と思ったら嬉しいですね。カラダの動き、こうしたらいいんだ、こうするんがカラダにとって良いんだよっというのが、私にとってすごく新鮮。今まで何気なく歩いているし、何気なくやってることって多々ありますやんか。

とにかく元気でいるために楽しく続けたい

いつまでも元気でいたい。怪我なく、転ばないように。ここではカラダのバランスを教えてくれるのでそのためにも余計良いのかなと。それにできなかったことができるようになったり、上手くできたら嬉しいんです。だからがんばって続けていこうと思います。


南森町にスタジオを移転した時から来て下さっているUさん。背中がこんなに丸くなっているのに今まで気付いてなかったとは!?という驚きから始まりました。それくらい背中を意識することって難しいんですよね。

でも継続は力なり。硬くなっていた背中の丸みとお肉がスッキリととれ、今では「姿勢が良い」と言われるというのはコーチ冥利に尽きます。

一つができるようになっても喜ぶ間もほとんど与えず(笑)、次の課題をすぐに与えてしまう僕ですが、そんなことを一緒に楽しんで付いてきて下さっていることに感謝です。