二の腕を細くする方法

▶ 夏になると気になる二の腕、対策していますか?

毎年夏前の6月・7月に「二の腕」に関する検索がかなり増えるようです。女性の永遠の悩みなのかもしれませんね。上本町・駒川スタジオに来られている方も猫背の他で訴える方が多いのは「二の腕」です。


さて、二の腕をどうやって細くするか。


ココチラボではまずは姿勢を改善するところからスタートしていただいています。


もちろんガンガンに鍛えて締めていくことも必要なのですが、姿勢によって損をしていることが多いのでまずは姿勢を治し、肩の位置を正常に持っていきます。


よくある巻き込み肩の場合は、腕の向きが本来あるべき向きではなくなっています。

腕が内側に向くことになるので、正面から見ても本来後方にあるべきモノ(上腕三頭筋)まで見えてしまう。それが「腕が太い」と思ってしまう原因の一つになります。


なので腕の向きを正常な位置に最初に戻してあげないといけません。


① まずは姿勢・ゆがみをチェック

肩の位置・猫背・首の位置がおかしくないか鏡でチェックしてみてください。


② 意識的に姿勢を戻してみましょう

腰を伸ばして、胸を張ると自然と腕の位置も変わってきます。見え方が違うかをチェックしてください。二の腕の角度(腕の付き方)が横向きなのか縦になっているかで細さが変化します。その上で筋トレをするとよりキレイに締まりが出てきます。


③ トレーニングをしてみましょう。

足は肩幅に開いた状態で、膝の力を抜き腰を少し沈めます。姿勢を立てたまま、腕を動かしていきます。まずは軽く拳を握って(掌は内側に向けて)ゆっくりと後方にいけるところまで動かし、またゆっくりと戻します。


④ 同様に4方向に行います。

掌を前に向ける、後に向ける、外に向ける…と全ての方向に動かします。


ココチラボではトレーナーが負荷を合わせていきますが、家でやる場合はペットボトルなどで負荷をコントロールするのも一つです。


注意点:鏡の前でやり、動きによりあなたの姿勢が崩れていないかもチェックしましょう。腕を動かしているつもりで、胴体を動かしている場合があります。その場合腕には全く効果が出ませんのでご注意ください。


キレイな姿勢を意識してやる!これが分かればより効果的に二の腕を細くキレイにしていくことができます。