セミプライベートレッスンは大好きな人と一緒に

姉妹で通ってくれているキレイ系のお二人とパシャリ。

シワの深いおっさんは入らない方が良かったかもしれませんね。


カラダを動かす習慣を付けようと思ったら、誰かと一緒に始めるのも一つです。

ウォーキングなども誰かと始める方も多いですよね。

一人だと「今日は疲れているし、いいや、明日、明日」となりがちですが、約束すると「行かなきゃ」と思いますよね。

午前中にいつもご友人同士で来られている方は、ランチをどこで食べる~?ということで盛り上がっておられます。それも動機づけの一つですよね。

 

でも二人でやることのメリットは他にもありますが、それは最後に書きます。

 

お二人の感想の共通点は・・・

「肩こりの改善で仕事に集中できるようになった

「肩こりがなくなり長時間の作業に集中できるようになった

 

肩こりが劇的に解消された」

肩こりが改善した」

 

「肩こりによるストレスが減った

「カラダを動かした後はスッキリしてイライラが減った

 

 姉妹だからよく似ているのか、同じような感想でした。

 

 

他には・・・

姿勢が良くなったねと言われた」

猫背が改善した(と言われた)」

反り腰が改善した」

全体的に少し締まった

 

動きが地味だったので楽勝と思っていたが、かなりきつい動きもあって驚いた

動きがすべて新しかったのでとても楽しかった

「丁寧に一つずつ教えてくださるので分かりやすいです」

 

 

お二人ともまだ20代。

うちの動きは「地味でゆっくり」だからこそ、ごまかしが効かないんですよね。

自分のカラダの発見をたくさんしてくれています。

 

そして二人でやるメリットお互いの動きを見ることができること。

一人だと「自分はできない」という世界に入りがちになるけど、出来ないのではなく人にはそれぞれ動きのクセというのがあるのだと気付くことが大切なんですよね。

そしてそれが【学び】になります。

 

でも「ワイワイが楽しめる」が一番かもですね(笑)

 


肩甲骨が動く・肩甲骨を動かす・肩甲骨から動かす

肩甲骨が健康のため、姿勢・スタイルのために重要だということはテレビや雑誌でも言われていることなので皆さんもよくご存知ですよね?

 

ただ肩甲骨が動く、肩甲骨を動かす、肩甲骨から動かすということの違いがあまり分からない方も多いので書いてみますね。

 

【肩甲骨が動くとは】

本来、腕を動かせば肩甲骨は動きます。

だいたい60度くらいのところから肩甲骨が動きを助け腕が上まであがるような構造になっています。

普通に腕を上げたりしていると勝手に動くことになります。

 

問題は日常生活で60度以上に腕を上げることがほとんどないことです。デスクワーク、PC作業、家事、スマホ、読書…どれも肩甲骨を動かさずに出来る動作なので結果的にかたまってきてしまいます。

背中でも特に上背部にお肉が・・・という方は、こういう理由ですね。

 

【肩甲骨を動かす】

「肩甲骨を動かしましょう~」とテレビでもよくある体操がこのレベルになると思います。

肩甲骨はそれ自体で上下左右に動かすことができます。

もしくは腕を意識的に上に伸ばしたり、後方で腕組みして左右の肩甲骨を中心に近付けたり、腕を横に広げることなどすることで肩甲骨を動かすことができます。

肩甲骨なんかあったんや~!と気付き、意識的に動かせることができるなんて…と思われた方も多いです。

これをすることで日常ほぼ動かせていない肩甲骨周りをほぐすことはできると思います。

 

上背部のお肉は肩甲骨を動かすことを意識的にやることで少しずつ変化していきます。

 

ストレッチや他動的なマッサージもこれに当てはまりますが、本当に大切なのは次の項目です。

 

 

【肩甲骨から腕を動かす】

これはなかなか理解できていないトレーナーや施術師の方も多いようです。先日スポーツ指導している方と話をしても、???でした。

実はこれが一番重要なところで、ココチラボの特徴なのだなと改めて気付きました。

 

武道ではこれも肝ではありますが、テニスや野球・ソフトボール…どんなスポーツでもケガしにくく、肩を痛めない、体幹を最大限に生かせる使い方です。

腕を肩から動かすか、肩甲骨(中心)から動かすかの違いです。これはカラダで意味を理解することと、動かし方の練習が必要です。

他動的にその部分が動くというのと、自分で自在に動かせるのとでは全く違う次元です。

スポーツ以外でもこの使い方を知っていると肩甲骨周りや首周り、肩がこるなどがなくなり、50肩40肩の予防にもなります。

使えていない部分が多くあることに気付いたり、自分のカラダなのに上手く動かせないことが、とても面白くなってきますよ。

 

 


丸い背中・巻き込み肩が与える印象

▶ 体重を落とす前にすべきこと

続きを読む

コブトレで使用する杖(じょう)って何?

▶ 武器としてだけじゃなくカラダ作りにつかえる優れもの

続きを読む

カラダ作りのその先にあるものを一緒に考える

▶ カラダ作りは手段であり目的ではないことの意味

続きを読む